アロマセラピーサロン【グローオブヘルス】 アロマセラピーサロン Glow of Health

ご予約・お問い合わせ 080−1295−3621 


TOP

アロマセラピスト紹介

アロマセラピーとは

サロンメニュー

キャンペーン

アロマ塾

School生募集

秋山ネスパ店

お得情報

地図

ご予約・お問い合わせ






店名とロゴの
由来

ヨーロッパに古くから
四葉のクローバーを
見つけた人には幸運が
訪れるという言い伝えが
あります。
四葉のクローバーには、
四葉それぞれの葉に
意味があります。

Fame(名声)
Wealth(富)
Faithful Lover
(満ち足りた愛)
Glorious Health
(素晴らしい健康)

この葉の1つから頂いて
当サロンの名前は
「Glow of Health」
〜健康に輝く〜

にしました。

人生を輝き、
幸せに生きるには、
健康であることが一番だと
考えるからです。

ちっちゃな赤いハートは、
その中でいつでも
いろいろな愛がいっぱいで
あって欲しいという
願いです。

AROMA THERAPYとは・・・

AROMA=芳香とTHERAPY=療法

芳香療法の芳香とは動物性のものや人工的に合成されたものは除き、植物から抽出した100%天然ものです。香の元となる精油(エッセンシャルオイル)を使用して、身体や心のバランスを整えようというのがアロマセラピーの考え方です。その方法にはアロマポットなどを使い香りを嗅ぐ芳香浴や、バスタブに精油を入れ、入浴する沐浴、そして、精油をキャリアオイルで希釈し体をマッサージする=アロマセラピートリートメントなどがあります。

当サロンでは主にアロマセラピートリートメントをメインにしております。
◎トリートメント(マッサージ)を通じて精油の芳香成分は皮膚から吸収され、皮下の毛細血管に入ります。そしてそこから血液循環に乗り、身体の中を駆け巡り、全身にさまざまな薬理効果をもたらせてくれます。

薬理効果について

精油とは、数十から数百種の有機化合物の集まりであり、その成分の中には薬理作用を示すものがたくさんあります。例えば、オレンジやグレープフルーツ精油の成分であるリモネンは、消化・食欲増進作用があります。また、ラベンダーは優れた鎮静作用があり、軽いやけどや、打ち身などにも有効で、ラベンダー精油を、やけどをした直後に皮膚に塗布すると痛みが緩和されます。
また、女性ホルモンを整える作用のある精油や、神経性胃炎、下痢、更年期障害などなど、精油の薬理作用はさまざまで、更に、精油を2種3種と同時に使用することによって、相互的に関連しあい効果を発揮します。

また、トリートメントをしながら精油から芳香される香を嗅ぐことにより、薬理作用が身体に働きかけるものであるのに対して、香を嗅ぐことにより、気持ちやこころに働きかける作用をさします。例えば、ラベンダーやオレンジの精油をかぐと脳波は沈静しリラックスします。反対にローズマリーの精油を嗅ぐと、脳波は活発になりリフレッシュします。薬理作用と精神・生理作用をひとまとめにすると「心身への作用」と言い換えることができます。つまり“精油の香りや成分で体もこころもより健康的に美しくなる”ということです。これをアロマテラピーでは“ホリスティック”と呼んでいて、この“ホルスティック”→「全体的な」という意味であり、体のトラブルをその部分でのみ捕らえずにこころを含めた全体的なものとして考えるということ。アロマテラピーは植物の香りの力を借りながら穏やかにトラブルを和らげ、心身の健康を取り戻していこうとする自然療法なのです。


COPYRIGHT(C) aromatherapysalon Glow of Health ALL RIGHTS RESERVED.